So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「日日是好日」

hana.jpg

茶道と出会った女性の24年間の半生

母に勧められてお茶を習い始めた二十歳の典子が茶道の奥深さに触れる 一方で就職の挫折や失恋を経験していく

世の中には「すぐわかるもの」と「すぐわからないもの」の二種類がある

すぐわからないものは、長い時間をかけて少しずつ気づいてわかってくる

真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょい。そんな典子は、いとこの美智子とともに「タダモノじゃない」と噂の武田先生のもとで”お茶”を習うことになった。細い路地の先にある瓦屋根の一軒家。武田先生は挨拶も程々に稽古をはじめるが意味も理由もわからない所作にただ戸惑うふたり。「お茶はまず「形」から先に「形」を作っておいて、後から「心」が入るもの」と武田先生は言うが・・・。青春の機徴、就職の挫折、そして大切な人との別れ。人生の居場所が見つからない典子だが、毎週お茶に通い続けることで何かが変わっていった・・・・・。(チラシより抜粋)

茶道の世界のお話は四季を通して話が進み、お茶の世界もいいかなと思わせる。作法は難しそうだが慣れることで自然と手も動く。忙しく動いている現代人にはお勧めの映画です。一日一日をありのままに生きればすべてが平穏な日。日本映画専門チャンネル


共通テーマ:映画