So-net無料ブログ作成

ケーブルTVで映画を楽しむ「パトリオット・ディ」

023.JPG                                     ボストンマラソン爆弾テロ事件                                               犯人逮捕までの102時間を描く、奇跡の実話                                        爆弾犯追跡の舞台裏と軌跡を生んだ普通の人々の勇気                                2013年4月15日。                                                 殺人課の刑事トミーは朝からボストンマラソンの警備に駆り出されていた。                            この歴史あるマラソン大会は、毎年祝日”パトリオット・ディ                                              (愛国者の日)”に開催され、この日も50万人の観衆で賑わっていた。                                                 次々と走者がゴールインする最中、トミーの背後で突如大爆発が起こる。                                    歓声は悲鳴に変わり、逃げ惑う人々と折り重なって倒れる負傷者で現場は                                             パニックとなる。                                                                到着したFBIのリックは散乱した金属片を見て「これはテロだ」と断言、                                     大規模な捜査本部が設置された。                                                            やがて監視カメラに映る不審な”黒い帽子の男”と”白い帽子の男”が容疑者として                                  浮上する・・・。                                                (チラシより抜粋)                                                 4日間という速さで容疑者を特定し逮捕した劇的な102時間の一部始終を知りたい                  ひとは映画を観てのお楽しみ。                                          ムービープラス


共通テーマ:映画

2019.2.19(火)世の中は力と力の均衡で平和が保たれている

CIMG7984.JPG                             平和が憲法で守られていると言うのは理想だが                                    そうでないと見ることが普通の考え方だと思う                      ・・・・・・・                                              今日は夕方から雨予報になっている。                                           朝は比較的暖かかったような気がする。                                        食材を用意して朝食をつくる。                               CIMG8031.JPGCIMG7445.JPG                                            朝ドラを観ながら食べた。                            manpuku.jpg                                           新聞を読んでから散歩へ出た。              CIMG8022.JPG   CIMG8014.JPG                                  コンビニに寄って、昼食を購入し帰宅した。                                        細君はアルバイトに出ていた。                                              レンタルDVDを観ながら過ごした。                                         ひとりの女性がふたりの精神分析医と出会う。                                         分析医は双子だった。                           CIMG8033.JPG20resen.jpg                           12時過ぎに雨がパラパラしたので洗濯ものを取り込んだ。                            細君は買い物をして帰宅した。                                    サスペンスドラマを観ながら昼食を食べた。           CIMG8029.JPGCIMG7719.JPG                午後は16時まで昼寝をした。                            hirune2.jpg                                        16時に細君とお茶した。                                      晩酌の時間までは読書をした。                       hinkon.jpg                                    晩酌はテーブルワインを飲んだ。                             CIMG7956.JPG                                     夕食は湯豆腐と鮭の焼き魚だった。                        CIMG7672.JPGsixyake.jpg                                          21時からBSで映画を観て、風呂に入り、ブログの更新をしてごきげんよう                              おやすみなさい。                               john.jpg                                        シリーズ第三弾が今年観られる。 


共通テーマ:日記・雑感

散歩を楽しむ「2019.2.19 小鳥たち」

CIMG8024.JPG                                  今日は小鳥が目についた             CIMG8013.JPG  CIMG8008.JPG       CIMG8023.JPG     CIMG8010.JPG        CIMG8011.JPG                                      散歩の成果                                        CIMG8030.JPG


共通テーマ:趣味・カルチャー

読書を楽しむ「平岩弓枝 新・御宿かわせみ お伊勢まいり」

CIMG8005.JPG                                      江戸が東京と呼ばれるようになった時分                                                 大川端の旅宿「かわせみ」は春早々に二度も大嵐に襲われ                                   宿の修復を余儀なくされた                                      そんな時、日本橋で古美術商を営んでいる畝千絵がかわせみの女主人るいを                                        お伊勢参宮に誘う。ふたりはこどもの頃からの友達だった。                                                            品川宿の茶店に14人が集合し、御師と呼ばれる伊勢講の世話人・岡本吉大夫が                             随行することになった。                                         神奈川宿、小田原宿に泊まり、箱根越えになったときに一行のひとりがはぐれ、                   そのお内儀は足を痛め、駕籠で次の宿の三島へ向かった。                                    一行が三島の宿に入ったのは夜になってからだった。                                 駕籠で三島に向かったお内儀は三島宿の手前の橋の下の川の中で見つかった。                                     由比宿について第三の事件が起こった。                                             一行のひとりが食べ物にあたり具合が悪くなったが原因は旅の疲労だった。                               そして、またひとり病のため脱落した。                                        掛川宿では、早飛脚から一行に夫婦で参加していたひとの店が火事で焼けた                       との連絡が入った。夫婦は江戸に戻った。                               そんなこんなで道中いろいろあったがようやく松坂に着いた。                          るいは宿で千絵と布団を並べて横になってから昔のことを思い出していた。                                   千絵の夫は、上野で馬に踏み殺されそうになった、こどもを助けたときに馬上から                     短銃で撃たれ亡くなり、事件は迷宮入りになっていた。                              江戸が東京になり、敵討ちは禁止された。                                     殺人は司法によって裁かれることになっていた。                           るいはこの旅が誰かに仕掛けられたものだと思っていた。                            お伊勢参りで次々に起きる事件の結末は本を読んでのお楽しみ。


共通テーマ: