So-net無料ブログ作成

2019年「メインレース予想のヒント」10月

CIMG6603.JPG

1年の計は金杯にありという言葉通り2009年から2018年まで

東西金杯の枠連の出目を見ていると迷ったときに金杯の 出目を

軸にして馬券を購入するとその年の「重賞レース」「重賞以外の11R」で

連対することが多いと判りました

実績   中山  京都      連対回数                                                    2009年  1-5  1-4   1枠:59回 4枠:73回 5枠:66回

2010年  2-6  4-3   2枠:53回 3枠:69回 4枠:80回 6枠:60回

2011年  2-2  1-3   1枠:52回 2枠:75回 3枠:66回

2012年  6-6  2-4   6枠:73回 2枠:72回 4枠:71回

2013年  3-6  1-2   3枠:74回 6枠:67回 1枠:64回 2枠:64回

2014年  2-2  1-3   2枠:62回 1枠:66回 3枠:79回

2015年  1-2  2-1   2枠:66回 1枠:54回

2016年  4-5  4-7   4枠:77回 5枠:65回 7枠:84回

2017年  3-2  3-1   1枠:46回 2枠:74回 3枠:63回

2018年  3-1  6-8   1枠:53回 3枠:54回 6枠:76回 8枠:85回

2019年  6-8  6-8   6枠:59回 8枠:52回

2019年10/21現在実績(通算1月―10月)  237R中的中数103

10/20新潟競馬!!R 1-8¥1350

10/19富士S 8-5¥1010

10/19新潟競馬11R 6-1¥11280

10/15東京競馬11R3-8¥3950

10/15東京ハイジャンプ6-2¥480

10/12京都競馬11R6-4¥880

10/6毎日王冠8-3¥290

10/5京都競馬11R8-6¥460

10/5サウジアラビアロイヤルC3-6¥320                                                    

ケーブルTVで映画を楽しむ「ミッション・ワイルド」

mwirudo.jpg

無法地帯から聖地へ最も危険な400マイルの旅

それは命がけのミッション  

19世紀のアメリカ、ネブラスカ。小さな集落で暮らす独身の女性メアリーは、病で豹変した3人の女性をアイオワの境界まで連れていく役目”ホームズマン”に立候補する。そしてその直後、彼女は木に吊るされた悪党ブリックスに遭遇、処刑寸前だった彼を旅に同行することを条件に助け出した。こうして始まった孤独な女と大悪党の400マイルの長い旅。しかし、彼らを待ち受けるのは地獄と例えられ生きて帰ることもままならない最も危険な荒野だった。過酷な気候、凶暴な先住民、そして命を狙う盗賊たち・・・。    2人は無事にこの任務を全うすることができるのか!?(チラシより抜粋)

最後まで観ると意外なラストになっている。ムービープラス

2019.10.19(土)朝食200円也

CIMG1289.JPG

コーヒーとサラダとゆで卵とパン食べ放題

朝食のシニア料金200円也 

土曜日しかやっていないモーニングサービス。家事手伝いの夫は朝食の手間が省けて助かっている。いつも通りに起きて新聞を読んで、ニュースを観て、9時にカフェへ細君と出かけた。

 sinbun.png

カフェは飾り物がハロウィン仕様になっていた。

CIMG1288.JPG 

細君とコーヒーは2杯飲んだ。家に戻り、散歩しながら図書館へ出かけた。少しばかり青空が見えた。街では骨董市をやっていた。

CIMG1300.JPGCIMG1294.JPG CIMG1301.JPG 

CIMG1306.JPG 

コンビニで弁当を購入して家に戻った。ニュースを観ながら昼食を食べた。CIMG1304.JPG031.JPG 

午後はサスペンスドラマを観ながら過ごした。

urasi.pngyatai.jpg

17時過ぎには夕食を食べて、自治会の会合へ出かけた。3つの会議に出席して21時過ぎに帰宅した。

tarasupa.jpgjiji.gif 

いろいろ役員を決める話だったがまとまらなかった。22時過ぎに風呂に入り、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。明日は文化祭があり6時起きだ。

散歩を楽しむ「2019.10.19 きりぎりすとにあり」

CIMG1293.JPG

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)秋の虫が戸口で鳴く時季 

公園ではカワセミが鳴いていた

CIMG1295.JPG 

CIMG1296.JPG 

CIMG1298.JPG 

CIMG1290.JPG 

散歩の成果 

CIMG1305.JPG

ケーブルTVで映画を楽しむ「インドシナ」

indosina.jpg

フランスの植民地支配からインドシナが独立をしようとする激動の時代

インドシナを愛したフランス人女性の運命の物語 

1930年、仏領インドシナ。祖国フランスを知らないエリアーヌは、この地に魅せられている。穏やかに流れる川、高貴な民族、古風を愛し、広大なゴム園を所有し、ベトナムの 皇女を養女とすることで、この地にアイデンティティを見いだそうとしていた。エリアーヌは多くの恋をしてきたが、心を奪われたことはなかった。結婚には不向きな女だった。養女のカミーユは16歳、まだ恋を知らなかった。輝くばかりに美しい二人は栄華を極めるフランス社会で常に羨望の対象だった。姉妹のごとく仲睦まじい二人の前に、美貌のフランス人将校ジャン・バティストが現れ、母娘がそれぞれに彼を愛するようになったとき、三人の運命は思わむ方向へ進んでいく。エリアーヌは娘を守ろうとする一心で愛する男を辺境の地に追放する。彼を追って旅に出たカミーユ。そんなとき、ベトナム人による民族独立運動が沸き起こり、歴史は大きく変わろうとしていた。

(チラシより抜粋)

同じ男を愛した母娘の運命はインドシナの独立運動とともに引き裂かれていった。ザ・シネマ

2019.10.18(金)誕生日プレゼントはコマ

CIMG1278.JPG

小学1年生の孫の欲しいものはコマ

ひも付きと手まわしの2種類を用意した  

ひとつはブリキのコマでひとつは手作りコマ。ブリキのコマは生産中止になった会社の 在庫品を購入。

今朝も気温は20℃を切っていた。雨は降りそうで降らない空模様。朝食の準備をして朝ドラが終わった後で細君と食べた。

CIMG1273.JPGCIMG0880.JPGCIMG0881.JPG 

新聞を読んだオリンピック会場のマラソンと競歩が暑さ対策で札幌になるらしい。2冊分の本のブログの下書きをした。

 sinbun.pngkousiyu.jpgginga.jpg

昼前に細君と買い物へ出た。豚汁の食材を購入した。昼食は焼きそばを食べた。

supa.png001.JPG

ツタヤからレンタルDVDが届いた。

CIMG1284.JPGXmen.jpgkaigi.jpg 

サスペンスドラマを観ながら過ごした後で、電気カーペットを押し入れから出した。床暖を使用するのは早いのでリビングに敷いた。

jiken.png

昼寝をした。細君は冬支度をして過ごした。16時過ぎに羊羹でお茶した。

hirune.pngCIMG1282.JPG031.JPG

日本酒で晩酌して豚汁を食べた。

CIMG7439.JPGDSC04347.JPG

TVは観ていたが途中から転寝した。目覚めれば22時を過ぎていたので風呂を沸かし、 入り、ブログの更新をしてごきげんようおやすみなさい。明日は久々の自治会がある。

読書を楽しむ「夕木春央 絞首商会」

CIMG1276.JPG

村山邸の庭で法医学の一大権威・村山鼓堂博士の殺害屍体が見つかった

村山家の住人は二月前に急逝した施主の村山梶太郎博士を叔父に持つ水上淑子と書生の宮尾一郎とふたりの女中だけだった

この家には3年前に泥棒が入り梶太郎博士の書斎の金庫から現金を盗んだ

その泥棒の名は蓮野といい帝大法科大学を出て銀行に就職したが5ケ月で 人間嫌いになり、銀行を辞めて人に会わない泥棒になり3年前に捕まり、 去年の6月まで投獄されていた

和洋入り交じる大正の東京。
秘密結社「絞首商會」との関わりが囁かれる
血液学研究の大家・村上博士が刺殺された。
不可解な点は3つ。遺体が移動させられていたこと、
鞄の内側がべっとり血に濡れていたこと、そして、
遺族が解決を依頼したのが以前村上邸に盗みに入った元泥棒だったこと――。
頭脳明晰にして見目麗しく、厭世家の元泥棒・蓮野が見つけた
四人の容疑者の共通点は、“事件解決に熱心過ぎる”ことだった――。

(講談社内容紹介より抜粋)

蓮野は逮捕後に赤坂で両親から継いだ家を売って、世田谷の外れに住み、知人の伝手で翻訳の仕事で生計を立てていた。友人は画家の井口朔太だけだった。ある日、蓮野の家を水上淑子夫人が相談があるからと言って訪ねた。夫人は村山邸で起きた事件のあらましを説明し、現場に蓮野の指紋が残っていたと伝えた。指紋は棚に置いてあった手紙についていた。その手紙は梶太郎博士のもので鼓堂博士のものではなかったが勝手に持ち出されていた。夫人の話では半年ほど前に新橋のレストランで叔父と近所に住む宇津木氏、生島氏、白城氏と夫人で食事をしていたときに青年がひとりで入ってきて「ハルカワさんに取り次いでいただきたい」と給仕に言い店の奥に案内された。その青年が一月くらいして爆弾魔として新聞に顔写真が出た。夫人は叔父が無政府主義者で国際的な結社・絞首商会に所属しているというような外国郵便を見せた。そのことに気付いた鼓堂博士が告発しようとして殺されたのではないかと疑っていた。夫人はレストランの食事に参加した4人の中に犯人がいるという。そして蓮野に犯人を探偵として見つけだして欲しいと依頼する。

事件が起きて、探偵が登場するお決まりのパターンで容疑者も絞られていて、ここから先は本読んでのをお楽しみ。

地上波で映画を楽しむ「マイ・インターン」

 mai.jpg

恋に仕事に頑張るあなたに捧ぐ―

全てを手に入れたはずの彼女に訪れた試練

そこにやってきたのは、70歳の新人〈インターン〉だった― 

舞台はニューヨーク。 華やかなファッション業界で成功し、結婚してプライベートも充実。現代女性の理想の人生を送るジュールス。 そんな彼女の部下にシニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールスだが、 いつしか、彼の的確な助言に頼るように。 彼の”豊かな人生経験”が彼女のどんな難問にもアドバイスを用意し 彼の”シンプルな生き方”は、がんばりすぎていたジュールスを変えていく──。そんな時、ジュールスは人生最大の危機を迎え、大きな選択を迫られる──。  (チラシより抜粋)

70歳の“新人(インターン)”ベン。 ベンは退職して、妻に先立たれ、独身を謳歌するためにいろいろやって みたが満たされず高齢者の求人があり応募し採用され生き返った。 高齢者は長生きしているだけで社会の役に立つという見本です。フジTV

2019.10.17(木)冬支度

CIMG1283.JPG

昨日温泉から帰ったらかなり寒く家の中で冬を感じた

もう扇風機は必要ない 

冬物を急いで細君に出してもらい急の寒さに対応した。昨夜はかけ布団を増やしてよく眠れた。朝食の支度をして細君と食べた。朝ドラは観られなかった。

CIMG1272.JPG

新聞を読んでから、鎌倉の長谷寺の今年の歳の市の開催日を調べた。12/18だった。孫の誕生日用のチョコをロフトへ買いに行った。

 sinbun.pnghase.jpgCIMG1280.JPG 

家に戻り、読書をしながら過ごした。

ginga.jpg 

12時半頃、細君から電話がありスーパーで待合わせをして買い物をして帰宅した。昼食はかつ丼を食べた。

CIMG0432.JPG031.JPG 

午後は明日宅急便で送る、孫の誕生日プレゼントの梱包をしたり、冬支度をはじめた。15時過ぎに昨日購入した栗羊羹を食べた。

CIMG1282.JPG 

晩酌して、久々にハリハリ鍋を食べた。

CIMG1281.JPGCIMG5863.JPGDSC04459.JPG 

TVを観ながら転寝して22時過ぎに起きて、風呂に入り、ブログの更新をして、ごきげんようおやすみなさい。

レンタルDVDで映画を楽しむ「グリーンブック」

Gbook.jpg

差別が残る時代に正反対の二人が挑む南部へのコンサートツアー

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務める トニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。チラシより抜粋)

CIMG1254.JPG

黒人差別や偏見の中で生まれる信頼と友情の物語は本当の話で映画を観ることができてよかったという心温まる物語だった。

ナイトクラブの用心棒のトニーはクラブの改装で一時的に職を失い、家族を養うためにドクターと呼ばれる男が募集している運転手の面接にカーネギーホールへ出かける。ホールの上階に住む男は医者ではなくドクター・シャーリーという黒人の音楽家でピアノ弾きだった。アメリカ南部へ2ケ月間のツアーに出かけるために運転手兼用心棒兼マネージャーが必要だった。一旦は金額が折り合わず断ったがトニーの妻がドクターに説得され引き受けることになった。出発の日、レコード会社の社員から黒人用旅行ガイド=グリーンブックをトニーは受け取る。コンサートにはチェロ奏者とベース奏者が同行した。二人は白人だった。

トニーも家の修理を妻が黒人に頼んで飲み物を出したコップをキッチンからゴミ箱に捨てていたが、妻が気付いて拾い出した。時代は黒人を差別する風潮があった。当然の如く、ツアーもこの差別との戦いでドクターがわざわざ差別されることを知りながらツアーに出たかなどの疑問をトニーは抱く。ツアーを通じてお互いを知ることで人生は嫌いなものも好きになりひとのためになにかをしてあげたいという気になる。映画を観ているとひとりで考えてはダメだということがわかる。他人でもいいから、なんでも話せる信頼できる相手がいれば理解しあえたとき、友情は一生続く。ツタヤレンタルDVD